観光地の抱える問題

観光地で宿泊施設が足りない問題

インバウンドでの観光地の問題

インバウンドということばが、新聞やテレビのニュースなどで目にすることが多くなりました。外国から日本へ観光のために訪れる旅行のことで、近年、円安が進んだことや、日本政府による訪日旅行者を増やす政策として、パスポートとは別に査証(ビザ)が必要だった国や地域が不要となって、日本の人気が高まってきたと言われています。今後もさらに訪日し、観光のために訪れる外国人旅行客が増加すると考えられています。インバウンドに関して問題も生じてきています。東京など、人気が高い大都市では宿泊施設が足りないという事態が起こっています。

増加するインバウンド

インバウンドとは、海外から日本を訪れる旅行のことを指す言葉で、日本から海外に旅行をすることをアウトバウンドと呼びます。ここ数年、日本を観光に訪れる外国人の数は年々増加しており、先日2000万人をはじめて超えて、ニュースでも大きく取り上げられました。2020年に東京オリンピックの開催が決定したことから、日本に観光で訪れる外国人旅行者がより一層増加することが予想されています。インバウンドの需要が増えることによって、名所などを外国人でも訪れやすいように整備したり、ガイドなどを増やしたりすることが望まれます。

↑PAGE TOP